繁盛期の引越し費用の交渉術

引越し需要が少ない閑散期と引越し需要が高まる繁盛期とでは、
引越し料金は倍以上になるって本当なんですね!
もともと引越しには多額の費用が掛かるものではあるものの、
時期によって大きな差が生まれることに衝撃を受けました。
賢く引越し費用を抑えるには、引越しの時期というものも、
しっかりと考慮して引越し計画を立てるようにするといいみたい。


しかしながら、時期は選べない!っていう場合も正直ありますよね。
子供たちの学校が休みとなる夏休み、夫の仕事の都合、
いろいろな事情でどうしても需要が高まる時期に
引っ越しを予定せざるえないという場合もあるかと思います。
引越し業者からすれば、需要が高まる時期だからこそ、
作業員を確保するうえで料金が高くなるというのもあって、
需要と供給のバランスによって高くなるというのも仕方ないとは思ったりもします。


しかしながら、引越し料金が高くなる時期であっても場合によっては、
引越し料金を安くする策もないわけではないそうです。
例えば、チャーター便となるとトラックを1台貸し切ることになるので
料金も高額になりますが、
混載便という形であれば 引越し費用は安くすることができます。


また、引越しの予約が集中する午前中は需要とともに料金も高めであるものの、
その1件目の引越し後の予約ともなるとフリー便ということになり
料金が安くなります。


引っ越し作業のスタートに時間の融通を持たせることにより、
引越し料金の割引となるため時間のめどが立たないという点を
考慮すれば断然リーズナブルに引越しすることができるというわけなのです。
引越し業者としては、繁盛期にトラックを
なるべく稼働させて利益を得ようとするため、
このように引越し計画に融通を持たせる形でプランを立てることは
引っ越し業者にとっても、料金を安くしたい利用者にとって一挙両得となるのです。
値引きが難しい繁盛期だからこそフリー便の活用を!


【この記事もチェック!】

引越し値引きの極意

ページのトップへ▲

ホーム
女性1人暮らしのポイント
引越し業者の選択について
遠距離引越しの極意
家具家電引越しについて
安くするなら目安を知ろう
引越し値引きの極意
夏の引越しにかかろう!
冬の引越しにかかろう!
近距離引越しの相場
払い過ぎたくない
繁盛期の費用の交渉術
初めての一人暮らし
 管理者
@Yoshida情報