引越し業者の選択について

今まで引越しをした回数でいうと、10回以上になります。
1人暮らしをして実家に戻り、また1人暮らしをして実家に戻り、というのを3回繰り返しているため、回数は多くなっています。
仕事の都合で引越しをする際は、会社が費用を出してくれるので大手に頼めるのですが、自分都合で引越しをする際は、なるべく安いところを探します。


見積もり比較サイトなどがある今は、簡単に料金の比較ができます。
以前、自費の引越しの際にそのサイトを利用したところ、1件の引越し業者から電話がかかってきました。
「今、検討しているところです」、という旨を伝えたところ、「他はいくらなの?教えて。」と言われ、すこしいやな感じがしたので、「まだ全部出ていないし、検討中です」と押し通したところ、「安くするからさ」からだんだん、「それならいいよ、もう頼むなよ」みたいな暴言に変わっていきました。
とても嫌な思いが残りましたが、最初に安くしてくれるなら頼もうかな、なんて思わなくて本当に良かったと思いました。


引越し業者にお願いする作業は1日で済むことだけれど、物の扱われ方や応対、引越し先の家に対する最初の思い出など、大事なところにもかかわってくるので、値段だけではなく、きちんと見極めることが大事だなと思っています。

今回、私が体験した“感じの悪い引越し業者”はごく一部だと思います。
比較サイトを利用した事自体は良かったと感じています。
私が利用した比較サイトというのが、引越し料金LABさんで紹介されている
“引越し価格ガイド”です。
※東証一部上場企業の株式会社エイチームが運営されているサイトです。 http://www.hikoshi-lab.com/one_column1.html
このページでは、“引越し価格ガイド”を利用して以下に引越し費用を安くするための交渉術が語られていたので、安心して利用できました。 いきなり“引越し価格ガイド”を利用するより、ここに書かれている内容を読み、どのようにしたら引越し費用を安く抑えられるかを理解して、利用してみてはいかがでしょうか?
そして、他の比較サイトもいくつか利用してみたのですが、一番入力が分かりやすく操作が簡単だった為、このサイトを利用してみました。

結局、感じの悪い無名の会社にはもちろん頼まず、2番目に安かったクロネコヤマトさん にお願いしました。
大手でも、直接引越し業者に見積もり依頼を出すより、引越し見積もりサイトを利用した方が安く済む場合があるので、是非利用してみてください。


ページのトップへ▲

ホーム
女性1人暮らしのポイント
引越し業者の選択について
遠距離引越しの極意
家具家電引越しについて
安くするなら目安を知ろう
引越し値引きの極意
夏の引越しにかかろう!
冬の引越しにかかろう!
近距離引越しの相場
払い過ぎたくない
繁盛期の費用の交渉術
初めての一人暮らし
 管理者
@Yoshida情報